新着情報 :: LOVE・アースふくい - 福井県地球温暖化防止活動推進センター

福井県地球温暖化防止活動推進センター「LOVE・アースふくい」のサイト。地球の未来を考え、福井から低炭素社会づくりの舵を切りましょう。

エコ宣言をしよう!

エコ宣言とは、エコな活動をすることをあらかじめ宣言し、その実施を積極的に行なう運動です。
宣言した後はそのエコ活動を実践し、実際の実現状況を後日報告することで、エコに対する意識を高めていくことを目指します。
「有言実行」をモットーに、地球にやさしいこと、始めませんか?
地球の未来を考え、福井〜低炭素社会づくりに舵を切りましょう。
LOVE・アースふくい/新着情報LOVE・アースふくい/イベント情報LOVE・アースふくい/活動支援LOVE・アースふくい/再生可能エネルギー + 電気自動車普及情報センター事業LOVE・アースふくい/ストップ温暖化提案LOVE・アースふくい/コミュニティ
福井県地球温暖化防止活動推進センター
住 所〒910-0004
福井市宝永4丁目13-4
TEL0776-30-0092
FAX0776-21-1261

新着情報


▼RSSはこちら▼
LOVE・アースふくい/新着情報/RSS
新着情報

お知らせやサイト内の更新情報です。

家庭で取組む節電マニュアル

2012/5/22(火)
今年の夏は、全国的に電力需給がひっ迫した状況です。
そこで、「家庭で取組む節電マニュアル」が作成されました。
夏季冬季それぞれの節電方法が紹介されていますので、節電の参考にしてはいかかでしょうか?


夏・冬に効果的な節電方法をいくつか紹介します!!

夏の取り組み
・窓に断熱シートを貼る(内窓を設置する)
・エアコンのフィルターを掃除する(月に2回程度)
・冷蔵庫の温度設定を強から中にする などなど

冬の取り組み
・暖房時にカーテンやブラインドを閉める
・扇風機などを使い、天井付近の温かい空気を室内に循環させる
・お風呂では、節水シャワーヘッドを取り付け、使うお湯の量を減らす などなど


その他にも様々な節電方法があります!

詳細は全国地球温暖化防止活動推進センターHPhttp://www.jccca.org/about/works/setumanual_2012.html

地域の特色を活かした再生可能エネルギー等の事業化を検討する協議会を募集します

2012/5/22(火)
福井県では、各地域の特色を活かした再生可能エネルギー・省エネルギー事業を推進します。
そこで平成24年度地域主導型再生可能エネルギー等事業化促進事業補助金に係る補助対象者を募集することとなりました。


補助対象者の選定
補助対象者は、平成24年度地域主導型再生可能エネルギー等事業化促進事業補助金補助対象者選定委員会において、以下の選定基準に基づき選定します。
 
   (選定基準)
     ・地球温暖化対策として内容が充実していること
     ・エネルギーの供給力強化に資する内容であること
     ・地域振興に資する内容であること
     ・実現性の高い内容であること
     ・業務内容に見合った適切な経費配分であること
      ※その他、選定委員会において必要とする項目を設ける。

申請締切日
平成24年6月6日(水) 17:00(必着)

その他、詳細については福井県HPをご覧ください。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kankyou/matiene/matiene-bosyuu.html

 

電気自動車用「充電器」ステーション動画&設置場所地図

2012/4/26(木)
福井県内の電気自動車用「充電器」のコンテンツを作成しました。

ステーション動画(急速充電器のみ)

充電器設置場所の地図(急速・200V充電)

EV利用の観光案内ルート

約30分で8割充電が可能な急速充電器、
商業施設、公共施設の他、企業設置のもの利用も可能です。

EVを持っている方、気になっている方、ご参考に。


■急速充電器ステーション&設置場所地図
http://stopondanka-fukui.jp/renewable/Ev/Station/  

■EVを使った観光案内
http://stopondanka-fukui.jp/renewable/Ev/Route/ 

H21年度 福井県温室効果ガス排出量の発表

2012/4/26(木)
福井県のHPより

平成21年度(2009年度)の温室効果ガス排出量は、831万t(二酸化炭素換算)であり、基準年度である平成2年度(1990年度)から5.9%減少し、前年度(平成20年度)と比較して4.6%減少となっています。

平成12年度(2000年度)の基準年度比9.5%増をピークに温室効果ガスの排出量は低減傾向にあり、平成21年度は、目標としている基準年度比3.0%削減を達成する排出量となりました。

前年度と比較して排出量が減少した原因としては、
2008年度後半の金融危機の影響による景気後退に伴う各部門のエネルギー需要の減少が2009年度も続いたことが挙げられますが、県民運動「LOVE・アース・ふくい」による省エネ活動の普及、住宅用太陽光発電設備の導入促進など、県独自の施策も家庭や事業所からの排出抑制に寄与しているものと考えられます。

低炭素杯2012 グランプリは 「栃木農業高等学校」

2012/3/5(月)

2月18日(土)、19日(日)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された「低炭素杯2012」(のべ1,500人が参加)で、栃木農業高等学校地域おこしプロジェクト班の「守れヨシの湿原、とりもどせ農村のヨシズ作り」の活動が環境大臣賞グランプリに選ばれました。横光克彦環境副大臣より表彰状が、低炭素杯2012トロフィーは制作に携わった東日本大震災の被災地である宮城県石巻市立湊小学校6年生の代表より贈られました。



低炭素杯2012では、全国から選ばれた4部門(地域活動、学生活動、企業活動、ソーシャルビジネス)41の活動団体(ファイナリスト)による発表が行われ、環境大臣賞(グランプリ)の他、別紙の賞がそれぞれの活動団体に贈られました。 


その他の賞はコチラ http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2012/awards.html

   (低炭素杯2012事務局:全国地球温暖化防止活動推進センターHP)

 

クールチョイスなお話
講師派遣
carbon-tracker
ふくいソーラー市民ファンド
ふくい市民共同節電所コンソーシアム
社用車エコドライブコンテスト
PVコンソーシアム
太陽光発電普及協議会
うちエコ診断
木質バイオマス
小水力発電
LOVEアースふくい
全国地球温暖化防止活動推進センター
エコプランふくい
Fun to Share
未来のために、いま選ぼう。
(c) 福井県地球温暖化防止活動推進センター all rights reserved.
Powered by cheltenham software